LUN RUN

私と愛犬の日々の記録です。

叶わない理想図






孫ちんと暮らし始めて8ヶ月。



春ぴょんはルナの唾液でお肌が赤く痒くなっちゃうから

ふたりが接触しないように注意してるよ。

ペロリとされたお手々で目をこすると目が赤くなっちゃう、

間接ペロリもNG、厄介なのよ。


P5264365_convert_20160526220554.jpg


どんなに気をつけてても防げない時はあって

なめられちゃったら赤ちゃん用のウエットティシュで拭く、

春ぴょんゴシゴシの刑。

その時のルナはちょっと淋しそーな、申し訳なさそーな顔してる。

だから「るんちゃんが汚いんじゃないんだよー」って言う、

「みーんなるんちゃんが大好きなんだからね」って。





最近では春ぴょんをルナの方から避けるようになった。




逆に 春ぴょんはルナに興味が高まってる様子。


P5133938_convert_20160530152205.jpg



触りたくて仕方がないの。










最愛犬と愛しい孫。
このふたりが触れ合ったり寄り添ったりするのを
ちょっと離れたところからのんびり眺めることはできないんだな。
そもそもルナは母性的なものは持ち合わせてないんだった。
ルナに埋もれて眠る春ぴょんの図、見てみたかったな。

いやいや、贅沢言っちゃいけないよね。
大事だなーって思える者たちが手の届くところにいる、
感謝しなくちゃ、だよね。












スポンサーサイト